オゾンのススメ:ゼロからわかるオゾンの解説

Here we go!!ZONTAROかぶ博士のオゾン講座エコデザイン株式会社 業務用オゾンサイト

ゾン太郎がオゾンの世界を案内するよ!

第一講座 順次更新乞うご期待 順次更新乞うご期待 順次更新乞うご期待 順次更新乞うご期待

第一講座

オゾンってなに?
  オゾンは酸素の仲間じゃ。
通常、空気中にある酸素分子は酸素原子(O)が2つのO2じゃが、
オゾンは酸素原子が3つのO3なのじゃ。
またオゾンは、3つのうちの1つを他の物質に与えてO2すなわち
酸素分子になろうとする性質があるのじゃ。
そのためオゾンは強い酸化作用をもっておるぞぃ。
   
オゾン(オゾン層) は有害な紫外線を遮断してくれる
  地球にとってのオゾン(オゾン層) の大きな役割のひとつが紫外線の遮断作用じゃ。オゾン層とは、地球の上空15〜30kmほどの高さにある、オゾンが地表より濃くなっている層なんじゃ。
紫外線はその波長の長さから3種類あってな、
  ●A波 酸素にもオゾンにも吸収されず地上に到達。
  しかしそれほど有害ではない。
●B波 A波の1000倍以上の破壊力。日焼けなどの主な原因。
  オゾン層が吸収している。
●C波 最も有害な紫外線。
  この紫外線下では生物は細胞を破壊され死滅する。
  つまり、酸素とオゾンが有害な紫外線を遮断してくれているおかげで、我々生物は地上で生活することができるんじゃよ。
ちなみに、我々が吸っているこの大気中にもオゾンがわずかに存在するのじゃが、そのオゾンのほとんどはオゾン層から降りてきているものなんじゃ。
まだまだあるぞ!!暮らしの中で大活躍するオゾンの力!!
  例えば、締め切った部屋はカビが生えたり空気がよどんだりするじゃろ?
その理由の一つが、室内から殺菌作用のあるオゾンが無くなるためだと言われておる。
オゾンが大気中に含まれている量はほんのわずかじゃが、
我々生物はそれによって菌などから守られているとも言える。
部屋の窓を開けて空気の入れ替えをするということは、オゾンという意味でも重要なんじゃね。
  また、オゾンは人工的に作ることが出来て、それはこんな用途でつかわれておるぞい。
  ・ 室内・冷蔵庫内などの脱臭・・・
        オゾンはにおい成分を元から分解するんじゃ。
・ 洗濯機・・・オゾンと衣服に付いた油が反応すると汚れが落ちやすくなる。
・ その他、水道水の殺菌/半導体洗浄/パルプの漂白/食品の殺菌…
        暮らしの中の様々な分野でオゾンは大活躍しておるのじゃ。

第一講座終わり

第二講座へ続く

ページトップへ
※この物語はフィクションです。特定の人物や団体等との関係はございません。